株式会社GIテクノス 新卒会社説明会(20/21卒向け)

開発現場の仕事の流れと役割

ここからは、開発現場の仕事の流れと役割です。我々GIテクノスの仕事の立場、どういう立ち位置で仕事をしているかというご紹介です。一番右の矢印から見ていただきたいのですが、エンドユーザーというのが一番上にあります。

ビジネスフロー

エンドユーザーというのは、開発の発注元です。簡単に言うとシステムの持ち主、使い手さんを指してエンドユーザーという言い方をしています。そのエンドユーザーから直接「GIテクノスさんにこういうのを作ってほしいんだけど」という案件の中身が一番右の矢印のイメージになります。

続いて右から二番目の矢印は、エンドユーザーさんから、一度大手開発ベンダーに矢印が降りています。わりと規模の大きい案件の発注が大手開発ベンダーさんにどかんと降りてきて、その中の一部をGIテクノスが受けるような形になっています。

ここで言う大手開発ベンダーといいうのが、先ほどご紹介した、例えば日立、富士通というところだと思ってください。ここにはもう一つ図の中に特徴があって、逆向きの矢印が存在しています。ここが大きな特徴になっています。エンドユーザーから開発ベンダーに注文が降りた際、開発ベンダーの中にプロジェクトチームが立ち上がるパターンがあります。そのプロジェクトチームの中に我々の社員、スタッフが加わる形です。つまり何かを作ってお届けするというスタイルではなくて、技術力そのものを提供しに行くというスタイルです。それがこの逆の矢印です。

続いて左側に流れていくと、より細分化した矢印が見えると思います。こちら図の全体としては、IT業界の仕事というのが、階層構造になっているということが理解していただければ十分だと思います。

 

事業内容

続いて、具体的にどんなことをやっているか、事業内容についてです。

GIテクノス_事業内容

順を追って説明します。業務アプリケーション、システム基盤、WEBソリューション、オペレーションと続いています。ここまでがいわゆるIT系のビジネスモデルというかたちです。

新商品開発・販売というのがありますが、こちらはITとは一線を画したビジネスモデルになっています。次のページから、今ご紹介した5つのカテゴリーをひとつひとつ説明したページになっています。

 

システム基盤(インフラ構築・更改)

一つずつ説明するとかなりの時間になるので、簡単にご説明します。
一つ目がシステム基盤(インフラ)と呼ばれる世界です、サーバー、ネットワークに関しての設計構築、運用保守という業務です。

インフラについての説明

インフラという言葉自体ですが、ここではIT業界でのインフラという言葉の説明になりますが、他の場面でインフラという言葉を聞いたことがありますか?

参加学生
水道とか電気とかでしょうか

そうですね、ガスとか鉄道とかを含めて、ライフラインと言われるところです。社会インフラとも言います。多くはそういう言葉でインフラをイメージされていると思います。そのインフラという言葉ですが、IT業界で言うインフラと共通しているのは、さっき社会インフラと言いましたが、もっと堅い日本語で言うと社会基盤という言い方ができると思います。その基盤というのが、IT業界で使っているインフラの意味合いと共通しているということです。簡単に言うと、下に書いてある業務アプリケーション、アプリケーションという言葉と、インフラというのが対になっているとイメージしてください。アプリケーションを日本語にすると機能という言葉に置き換えてみてください。その機能を実現する環境のことをインフラと呼んでいます。極端に分かりやすく言うと、アプリケーションがゲームソフト、インフラがゲーム機のように思っていただければ、二つそろって初めて動作できるイメージになると思います。

本当に縮めて言うとそんな感じのイメージです。ソフトウェアを機能させる環境のことをインフラといい、その中にはサーバーやネットワークが含まれているという話ですが、そのサーバーやネットワークも水道管やガス管と同じで、作ったら作りっぱなしというわけにはいきません。

劣化もするし、時代の流行りの作り方が存在するので、ある程度の時期になると見直しをしなくてはいけません。新しくする、このへんを補修しなくてはいけないという仕事が生まれてきます。それがここに書いてある、インフラ更改という仕事です。更改は英語にするとリプレイスと言います。そういう仕事があるというのが一つ目です。

1 2 3 4 5

株式会社GIテクノス 会社概要

会社名株式会社GIテクノス
業種情報サービス業, インターネット付随サービス業, 広告業, 技術サービス業(他に分類されないもの)
本社所在地東京都
業務内容■基盤系サービス
・インフラ構築支援
 仮想化/負荷分散/ネットワーク
・システム運用支援
 コールセンター/ヘルプデスク/テクニカルサポート

■アプリ系サービス
・コンサルテーションサービス
 設計/開発/保守/運用
・スマートフォンアプリケーション(iOS/Android)
 企画/設計/開発/UIデザイン
・ECサイト構築
・Webデザイン 

■自社サービス
・ペーパーホルダー、可動棚等の自社製品開発
設立1973年
資本金4,500万円
代表者吉田 満
事業所・関連会社本社(東京都)
業績19億1,821万4,000円
連絡先(株)GIテクノス
170-0013
東京都豊島区東池袋2-32-22 大塚東池袋ビルディング4F
03-6634-2241
新卒採用担当宛
平均年齢/平均勤続年数/平均給与39.2才/11.7年/-

株式会社GIテクノス 採用情報

募集職種■プログラムエンジニア(PG) ■インフラエンジニア ■IT営業
仕事内容■プログラムエンジニア(PG)
・業務アプリケーション開発
・スマートフォンアプリケーション開発
・Webサイト開発

■インフラエンジニア
・サーバ構築
・ミドルウェア実装
・ネットワーク構築

■IT営業

プログラムエンジニアやインフラエンジニアとして経験を積み、
将来的にはシステムエンジニア(SE)としてプロジェクト管理が
できるよう育成していきます。
勤務地東京都
勤務時間本社:9:30~18:30
(その他常駐先に準ずる)
給与■大学院卒
年齢給 205,000円 + 職能給 10,000円 + 初任手当 10,000円
■大学卒
年齢給 200,000円 + 職能給 6,000円 + 初任手当 10,000円
■短大専門卒
年齢給 180,000円 + 職能給 2,000円 + 初任手当 10,000円

※職能給は7か月目からの支給となります
諸手当・通勤手当(上限50,000円)
・皆勤手当(10,000円)(試用期間(3か月)終了後から支給)
・資格手当(取得したときに報奨金として支払う)
賞与賞与:年2回
昇給昇給:年1回
給与改定
社会保険完備
福利厚生年金基金、財形・退職金制度、会社保養所「吾妻荘」、関東ITソフトウェア健康保険組合、忘年会、新人歓迎会

●他制度
【資格取得推奨制度】
会社の認定資格に合格した際は、受験料を会社が補填+報奨金が支払われます。

【チューター制度】
新入社員には年次の近い先輩社員がチューター(相談役)としてサポートしてくれます。

【新入社員研修】
休日休暇完全週休2日制(土・日)、祝日
有給休暇、夏季休暇(3日)、慶弔休暇、年末年始休暇(12/29~1/4)
試用期間
採用人数11~15名
初年度月収例
求める人物像下記資質をお持ちの方
・積極性)何事にも積極的に取り組み、自立心をもって仕事に取組む姿勢
・協調性)お客様・同僚など、周りの人との調和を大切にし、コミュニケーションや連携を大事にし、チームとして仕事を遂行する姿勢
・柔軟性)あらゆる分野へ対応しようとする柔軟性、最先端のIT技術や動向に関心を持ち、プロフェッショナルとして自ら向上しようとする心
選考スケジュール会社説明会/適性検査→一次面接→二次面接→内定