株式会社GIテクノス 新卒会社説明会(20/21卒向け)

会社の制度

続いて、会社独自の取り組みについて少し触れていきたいと思います。一つ目が資格の取得推奨制度という制度を設けています。

資格取得推奨制度

ここに書かれているのが推奨資格です。こちらを受験して合格した際には、会社が受験料をバックアップします。

加えて、推奨資格になっているので、他にもお祝い金が出るような仕組みになっています。お祝い金もランクにより分かれていますが、特に国家資格の高度と書かれているものに関しては、その中にもランクがありますが、高いものでは10万円を超える報奨金が用意されているものもあるというご紹介です。

なぜこういう制度を持っているのか。
我々の仕事、先ほど仕事の流れの矢印のところで触れましたが、逆向きの矢印があるという話をしました。そのときに、要はお客様のプロジェクトに加わるにあたり、お客様は例えばこういう技術を持つ人が何人欲しいというかたちで、オーダーを頂きます。

それが我々だけに来るとは限らないので、沢山の会社に同じようにオーダーが降りてきたときに、どの人にしようかなというのが出てきます。みなさん今履歴書とか書かれていると思いますが、それと同じように経歴書というものが存在します。その中にこういうものが書けるようになると、じゃあこの人ならここについての説明は全部しなくてもだいたいのことは分かってくれそうだとか、スキルの目安になってきます。なので、それがみなさんの武器になるので、ぜひ取ってください。それに関しては会社も応援すると理解していただければと思います。

 

研修制度

続いて、研修の説明です。これも書かれているものを全部説明すると大変長くなるので、絞って説明します。

GIテクノス_研修実績(1)

上に書かれている2018年4月なので、昨年の春に入社された方々が入社前、つまり内定者の時に受講していた研修がこちらです。

そのときはJavaのプログラミングを目的にして研修を行いました。時期は2017年11月~2018年1月でした。まだみなさん学生さんの時期なので、必ず全部来ないと入社させないということは全くなく、できるだけ参加してくださいというかたちになります。

ただ、せっかくやるのでこのときはプログラミングを覚えましょうというだけではなく、資格試験を受けてみましょうということで、Javaの3級を目標にしました。成果の欄に書かれていますが、このときの研修参加者が10名、いわゆる内定者です。

実際に資格の受験まで行ってくれたのが4名です。そのうち合格したのが3名という実績になっています。面白かったのが、この合格した3名は見事に全員文系の人たちでした。内訳で言うと、女性2名男性1名でした。

それこそ文学部の史学科、学校ではロシア史を勉強しているような方が、見事に合格してくれているというところからも、文系の方でも十分追いつける、活躍できると思っていただけると思います。

入社後、4月を迎えて入社後には、こういう技術研修、スケールやリナックスなどに関連する研修をしていきます。期間としては、5月ゴールデンウィーク明けまではそれぞれみんな共通の集合で研修をしていただきます。

それ以降はプロジェクト次第になります。新人さん是非来てくださいというプロジェクトがあれば、どんどん現場に加わっていって、現場の仕事を覚えつつ技術力を上げていくというかたちになると思います。

 

人材育成方針

当社の人材育成方針です。この中でも制度が一つあるので、そちらをご紹介します。真ん中あたりに赤い字でチューター制度というものが書かれています。

GIテクノス_人材育成方針

学校でも今チューターさん、メンターさんという制度を持っているところが非常に多く見受けられるので、ご存知の方も少ないでしょう。いわゆる相談役だと思っていただければいいかと思います。新入社員に対しては、だいたい3,4年目、自分と年齢の近い先輩が相談役として面倒を見てくれます。

ただそうはいっても、毎日横にべったりいてくれるわけではありません。その先輩は先輩で自分の仕事、現場を持っているので、月に何度か面会をしてもらったり、メール連絡をしてもらったりということで連携を取ってもらっています。

相談内容というのは自由に何でも相談してもらって構いません。一度聞いたことがある話だと、地方から出てきた学生さんが、よく調べずに家を借りてしまった。何か月か経って、自分が住んでいるところはやけに高いということに気づいて(笑)…

「どこか安い街知りませんか?」という質問が挙がってきたという報告も聞いているので、そういうのは聞かないようにしてください、なんていうことはありません。いかように使っていただいても結構です。たぶんその先輩もよく分からないからこちらに報告をあげてきたのだと思いますが(笑)

とはいえ、入社1年後の春にチューター制度の成果発表会を用意しています。この1年どんなことが大変だった、こんなことができるようになったという発表の機会を設けています。研修員として新入社員がいて、その上にチューターがいて、チューターを管理するアドバイザーがいるという組織です。

全部合わせるとだいたい60名くらいの組織になります。一つの会議室を借りて、大きな画面で説明してもらうようなプレゼンの機会になります。面白いのは、1年後の春にあるので、タイミングとしては翌年の新入社員さんがその発表を見られるというかたちになっています。

入ったばかりの方が1年後にはこうなるのかな、というようなイメージを持っていただける場になると思います。下段の表に関しては、キャリアパスと書かれているので、将来どう進んでいくのだろうというイメージです。

左側のプログラマーあたりから経歴がスタートして、初級SEとなります。SE(システムエンジニア)というのは業務設計などをする人であり、スケジュールやタスクの管理などをしていく、予定通りプロジェクトが終わるか見ていくのがSEです。

長くやっていけば当然業務系スペシャリストということで、金融なら金融の知識がどんどん身に付きます。あとは技術系のスペシャリストということで、ネットワークに関しては非常に詳しいとか、データベースは任せておけとか、いろいろな特徴が出てきます

そしてその先にPM(プロジェクトマネージャー)というのがあります。マネージャーはお金の管理まで含めて全体プロジェクトを管理する人ですが、プロジェクトマネージャーはだいたい30代半ば頃かなという感じです。

その先はITコンサルタントITアーキテクトなんて書かれていますが、ITコンサルタントというのは簡単に言うと、システムはこうあるべきではないですかという提案ができる人ですITアーキテクトは、それを実現するならこうするのがいいです、と説明できる人のことです。

もちろんこれだけではなくて、進み方はいくらでもあります。例えばプロジェクトマネージャーまで行ってその後営業になっちゃったとか。または全然違う、経理になりましたとか、いろいろな進み方をする人がいるので、会社にいる以上はいろいろな道があると思っていただければいいと思います。

 

求める人物像

最後です。求める人材ということですが、こちらに関してもGIテクノスだから特別こういうことを重視している、という説明ではありません。

GIテクノス_求める人材

積極性、柔軟性、協調性ということで、非常にみなさん学校でもコミュニケーションとかいろいろ言われていると思いますが、それに準じたものだと思っていただければと思います。

一つだけキーワードとして覚えていただきたいのが、アウトプットという言葉です。この意識は非常に強く持っていただいたほうがいいかと思います。アウトプットというのは成果物、提出物という言い方もできますが、日ごろの中でのアウトプット、極端に言えば挨拶とかそのへんもアウトプットの作業だと思っていただいていいのではないかと思います。

要は挨拶がいつも通りであれば、この人は今日も元気だな、いつもどおりだなと周りは思うので、いつものように仕事が頼めると。それがいつも元気な人が、何も言わずにぶすっと席に着いたら、「どうしたの?何かあった?具合悪いの?機嫌悪いの?」という配慮があるのではないかと思います。

それも表現、アウトプットの一つなんです。そういうことを介して、いつもならこれくらいお願いするけれど、ちょっと調子悪そうだから今日はこれくらいにしておこうか、というようなコミュニケーションに繋がるものだと思っていただければと思います。

アクセスですが、この地図に書かれているのがGIテクノス本社の地図です。ここ以外に我々の社員が活躍している現場というかたちでカウントをすると、だいたい常時70カ所くらいは活動拠点があります。

いろいろなお客様のプロジェクトルームや、最新鋭のビルに入っているパターンが非常に多いです。そういうところでみなさん活躍していただいています。以上、長くなりましたが会社の説明はここまでとさせていただきます。ありがとうございました。

1 2 3 4 5

株式会社GIテクノス 会社概要

会社名株式会社GIテクノス
業種情報サービス業, インターネット付随サービス業, 広告業, 技術サービス業(他に分類されないもの)
本社所在地東京都
業務内容■基盤系サービス
・インフラ構築支援
 仮想化/負荷分散/ネットワーク
・システム運用支援
 コールセンター/ヘルプデスク/テクニカルサポート

■アプリ系サービス
・コンサルテーションサービス
 設計/開発/保守/運用
・スマートフォンアプリケーション(iOS/Android)
 企画/設計/開発/UIデザイン
・ECサイト構築
・Webデザイン 

■自社サービス
・ペーパーホルダー、可動棚等の自社製品開発
設立1973年
資本金4,500万円
代表者吉田 満
事業所・関連会社本社(東京都)
業績19億1,821万4,000円
連絡先(株)GIテクノス
170-0013
東京都豊島区東池袋2-32-22 大塚東池袋ビルディング4F
03-6634-2241
新卒採用担当宛
平均年齢/平均勤続年数/平均給与39.2才/11.7年/-

株式会社GIテクノス 採用情報

募集職種■プログラムエンジニア(PG) ■インフラエンジニア ■IT営業
仕事内容■プログラムエンジニア(PG)
・業務アプリケーション開発
・スマートフォンアプリケーション開発
・Webサイト開発

■インフラエンジニア
・サーバ構築
・ミドルウェア実装
・ネットワーク構築

■IT営業

プログラムエンジニアやインフラエンジニアとして経験を積み、
将来的にはシステムエンジニア(SE)としてプロジェクト管理が
できるよう育成していきます。
勤務地東京都
勤務時間本社:9:30~18:30
(その他常駐先に準ずる)
給与■大学院卒
年齢給 205,000円 + 職能給 10,000円 + 初任手当 10,000円
■大学卒
年齢給 200,000円 + 職能給 6,000円 + 初任手当 10,000円
■短大専門卒
年齢給 180,000円 + 職能給 2,000円 + 初任手当 10,000円

※職能給は7か月目からの支給となります
諸手当・通勤手当(上限50,000円)
・皆勤手当(10,000円)(試用期間(3か月)終了後から支給)
・資格手当(取得したときに報奨金として支払う)
賞与賞与:年2回
昇給昇給:年1回
給与改定
社会保険完備
福利厚生年金基金、財形・退職金制度、会社保養所「吾妻荘」、関東ITソフトウェア健康保険組合、忘年会、新人歓迎会

●他制度
【資格取得推奨制度】
会社の認定資格に合格した際は、受験料を会社が補填+報奨金が支払われます。

【チューター制度】
新入社員には年次の近い先輩社員がチューター(相談役)としてサポートしてくれます。

【新入社員研修】
休日休暇完全週休2日制(土・日)、祝日
有給休暇、夏季休暇(3日)、慶弔休暇、年末年始休暇(12/29~1/4)
試用期間
採用人数11~15名
初年度月収例
求める人物像下記資質をお持ちの方
・積極性)何事にも積極的に取り組み、自立心をもって仕事に取組む姿勢
・協調性)お客様・同僚など、周りの人との調和を大切にし、コミュニケーションや連携を大事にし、チームとして仕事を遂行する姿勢
・柔軟性)あらゆる分野へ対応しようとする柔軟性、最先端のIT技術や動向に関心を持ち、プロフェッショナルとして自ら向上しようとする心
選考スケジュール会社説明会/適性検査→一次面接→二次面接→内定