就活ニュース

長引くウィズコロナ就活 人事、内定者引き留めに必死

2021年春卒業予定の学生の就職活動は後半戦に突入した。新型コロナウイルスの感染防止で選考が遅れたのも響き昨年に比べ内定率は低下し、今も活動まっただ中の学生が多い。長引く「ウィズコロナ」就活に頭を悩ませているのは、企業の人事部門の採用担当者だ。既に内定を出した学生に逃げられないようにと、あの手この手で引き留めようとしている。 「簡単に内定辞退できました」。早稲田大4年の女子学生は先日、あるメーカ
就活ニュース

大卒採用、車など半数の業種で減少 伸び10年ぶり低水準

日本経済新聞社は28日、2021年春入社の採用計画調査(最終集計)をまとめた。大卒採用は10万8116人で、20年春の実績との比較では2.6%増と10年ぶりの低い伸び率となる。新型コロナウイルスの感染拡大などが響いて主要43業種のうち半数で前年を下回った。リーマン・ショック後から続く高水準の採用が転機を迎えた。 大卒採用計画の伸び率は昨年調査に比べて4.9ポイント、3月の1次集計と比べても1.6
就活ニュース

インターン人気首位 ニトリの「人生ゲーム」

学生のインターンシップ人気ランキングで1位になったニトリホールディングス。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、採用は順調に進んでいるという。ニトリホールディングス全体の人事を統括している組織開発室の永島寛之室長を採用コンサルタントの曽和利光氏が訪ね、秘密を探った。 ■他社に流れてもいい 曽和氏 永島さんは4年前にニトリの採用責任者になりました。当時はどんな採用課題があったのでしょうか。
就活ニュース

パナソニックは内定辞退を恐れない

少子化で学生が減り、学生優位の売り手市場が続いている。人気企業といえども学生に振り向いてもらうにはこれまで以上に知恵や工夫が欠かせない。採用コンサルタントの曽和利光氏による就活ホンネ対談。今回はパナソニックの新卒採用の責任者である、リクルート&キャリアクリエイトセンターの萬田弘樹所長を訪ね、採用難時代を乗り切る方法を探った。 ■採用の前が大事 曽和氏 新卒採用の変化について最近感じることはあります
就活ニュース

社員全員が「採用担当」 紹介採用、日立は専用サイト

社員が自分の知人らを紹介する「リファラル(紹介)採用」が日立製作所や荏原、NTTデータなど大手企業に広がり始めた。人手不足で各社は即戦力になる中途採用に力を入れているが、コストに見合うだけの人数を確保できないケースも目立つ。新卒で採用した人材に頼る日本型雇用が崩れるなか、米国などで定着する採用手法が新たな潮流になりつつある。 「いい部分も大変な部分も聞いていたので迷わず決めた」。日立でシステムエ
1 2 3 4 5 6