就活ニュース

就活ルール見直し、専門家の見方は

経団連と政府、大学は就活ルールの見直しに向けて協議に入る。経団連の中西宏明会長がルール廃止に言及したことを受け、形骸化が指摘されるルールが改めて議論されることになった。見直しに向けて、専門家に論点を聞いた。 ■スキル重視への修正を 八代尚宏・昭和女子大学特命教授 就活ルールの廃止を検討するのはよいことだ。現在もルールを守る企業と守らない企業がある。学生が第1志望にする大企業は就活解禁時期などのルール
就活ニュース

就活ルール廃止 中西発言に「援護射撃」も

経団連の中西宏明会長が3日、2021年春以降に入社する学生向けの採用ルールを廃止する可能性について言及した。面接などの時期を決める「経団連ルール」は、解禁破りなどで形骸化しつつある。大学側は企業の青田買いを懸念して慎重な姿勢だが、政府高官の間には中西発言への「援護射撃」も出てきた。欧米では企業が自由に採用する通年採用が常識で日本にも広がりつつある。中西発言は就活・採用新時代の扉を開けるか。 ■就活
1 2 3 4