就活ニュース

「寄り道」も就活の武器に? ワケあり休学・既卒の逆襲

若者が大学の入学前や在学中、卒業後就職するまでの期間に有意義な取り組みに打ち込む「ギャップイヤー」に注目が集まっている。「新卒ブランド」が根強く横たわっている中、こうした「ワケあり」人材こそが新たな風を吹き込めるとして評価する企業が出てきた。近道だけが道じゃない。これまで不利とされていた寄り道や回り道も就職活動の武器になる時代が少しずつ近づいている。 東京大4年の香川幹さんは3年生の10月に休学
就活ニュース

大卒内定者11%減 来春、コロナ・米中摩擦響く

日本経済新聞社が18日まとめた2021年度の採用状況調査で、主要企業の大卒採用の内定者数(21年春入社)は、20年春入社数と比べ11.4%減った。2桁減はリーマン・ショック後の10年度以来11年ぶり。新型コロナウイルスや米中摩擦などによる景気悪化が響いた。そのなかでもデジタル分野の強化に向け採用を増やした企業もあり、成長領域への人材シフトが加速しそうだ。 主要企業1036社を対象に10月1日時点
就活ニュース

長引くウィズコロナ就活 人事、内定者引き留めに必死

2021年春卒業予定の学生の就職活動は後半戦に突入した。新型コロナウイルスの感染防止で選考が遅れたのも響き昨年に比べ内定率は低下し、今も活動まっただ中の学生が多い。長引く「ウィズコロナ」就活に頭を悩ませているのは、企業の人事部門の採用担当者だ。既に内定を出した学生に逃げられないようにと、あの手この手で引き留めようとしている。 「簡単に内定辞退できました」。早稲田大4年の女子学生は先日、あるメーカ
就活ニュース

大卒採用、車など半数の業種で減少 伸び10年ぶり低水準

日本経済新聞社は28日、2021年春入社の採用計画調査(最終集計)をまとめた。大卒採用は10万8116人で、20年春の実績との比較では2.6%増と10年ぶりの低い伸び率となる。新型コロナウイルスの感染拡大などが響いて主要43業種のうち半数で前年を下回った。リーマン・ショック後から続く高水準の採用が転機を迎えた。 大卒採用計画の伸び率は昨年調査に比べて4.9ポイント、3月の1次集計と比べても1.6
就活ニュース

インターン人気首位 ニトリの「人生ゲーム」

学生のインターンシップ人気ランキングで1位になったニトリホールディングス。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、採用は順調に進んでいるという。ニトリホールディングス全体の人事を統括している組織開発室の永島寛之室長を採用コンサルタントの曽和利光氏が訪ね、秘密を探った。 ■他社に流れてもいい 曽和氏 永島さんは4年前にニトリの採用責任者になりました。当時はどんな採用課題があったのでしょうか。
1 2 3 4 5 6