就活ニュース

こんなエントリーシートは嫌だ 人事に聞く傾向と対策

就職活動シーズンの本格的な幕開けとなる会社説明会解禁が3月1日に迫っている。この時期、就活生にとって悩みの種は志望企業に提出するエントリーシート(ES)だろう。何をどう書けば良いのか。注意すべきポイントはどこか――。就活探偵団が企業の人事担当者を取材し、傾向と対策を探った。 「本当に読んでくれているのですか」。そういぶかしむのは立教大学3年生の男子学生。志望動機や自己PRを書いて提出するESは就
就活ニュース

「多様な学生、合宿で選ぶ」企業人事が語る採用戦略

採用現場でもダイバーシティー(人材の多様性)が注目されている。採用コンサルタントの曽和利光氏による就活ホンネ対談、今回のテーマは「多様な人材を採るには」。旧来型の画一的な採用手法では同じような学生ばかりが集まりがちだ。様々な属性の人材をいかに獲得するのか。三井物産の人材開発室長、古川智章氏に聞いた。 曽和氏 求める人材像を教えて下さい。 古川氏 学生からもよく聞かれるのですが、人材像のひな型はありま
就活ニュース

愛憎半ば 「辞めマック」たちが見たマクドナルド

外食業界は、見わたせばマクドナルドOBばかり――。創業47年の日本マクドナルドは、リクルートやマッキンゼーと同じような人材輩出企業として知られる。去る者を追わず、残る人を育てるダイナミズムが成長を支える。ただ、一歩間違えれば人材輩出企業は「人材流出企業」となり活力を失う。日本マクドナルドは大丈夫か。 ■マック×ウェンディーズ、原宿の陣 女子高生や訪日外国人でにぎわう東京・原宿。日本マクドナルドが旗
就活ニュース

「優秀な学生こう探す」企業人事が語る採用戦略

超売り手市場、経団連の就活ルール廃止表明――。就活を巡る環境が激変しているなか、企業や大学はどんな課題に直面し、どう乗り越えようとしているのか。採用コンサルタントの曽和利光氏が担当者との対談を通じて考える。第1回のテーマは「優秀な人材を探し出すには」。NTTデータの採用担当部長、髭直樹氏に聞いた。 曽和氏 いま何に力を入れていますか。 髭氏 NTTデータの採用はずっと「定置網」でした。網を仕掛けさえす
就活ニュース

就活ルール見直し、専門家の見方は

経団連と政府、大学は就活ルールの見直しに向けて協議に入る。経団連の中西宏明会長がルール廃止に言及したことを受け、形骸化が指摘されるルールが改めて議論されることになった。見直しに向けて、専門家に論点を聞いた。 ■スキル重視への修正を 八代尚宏・昭和女子大学特命教授 就活ルールの廃止を検討するのはよいことだ。現在もルールを守る企業と守らない企業がある。学生が第1志望にする大企業は就活解禁時期などのルール
就活ニュース

就活ルール廃止 中西発言に「援護射撃」も

経団連の中西宏明会長が3日、2021年春以降に入社する学生向けの採用ルールを廃止する可能性について言及した。面接などの時期を決める「経団連ルール」は、解禁破りなどで形骸化しつつある。大学側は企業の青田買いを懸念して慎重な姿勢だが、政府高官の間には中西発言への「援護射撃」も出てきた。欧米では企業が自由に採用する通年採用が常識で日本にも広がりつつある。中西発言は就活・採用新時代の扉を開けるか。 ■就活
就活ニュース

「好きなことを頑張った」は面接官に刺さらない

就活生の皆さん、こんにちは。人材研究所の曽和利光です。今回のテーマは「ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)」です。2019年卒の就活は終盤ですが、いまだに内定がない人もいます。また公務員志望や留学帰国者はこれからが本番です。早くも活動中の20年卒も含め、皆さんに基本中の基本のガクチカをしっかり考え抜いてもらいたいです。 今回の参加者▽及川優香さん(慶応義塾大学経済学部4年)▽岡夏輝さん(早稲田大学
1 2 3