株式会社アークライン 会社説明会

アークライン説明会スライド開始分

業種:情報サービス業
設立:1990年7月 本社所在地:東京都

    説明会実施日:2019/8/10

この記事のスピーカー

富井 和雄

具体的な仕事内容

ここから例えばの話です。一番話しやすいので、私どものBiz Partner、決まりますよというところから話します。当然他社とのコンペになります。「いいな、これ決めた」といきなり言ってくれるお客さんはいないので、なぜかというと何千万や下手すれば1億かかるものをそんなに簡単に決める人はいないと分かりますよね。

当然いろいろな資料を出して、3社に絞ったらコンペにしたからプレゼンをやってくれ、ということになります。プレゼンをしなくてはいけません。当然その内容もやはり精査されますが、金額、中身、総合評価ということで決まります。

どんな人がやってくれるかとか、メインは誰かとか、そういうことも相当、私どもはたいがい中小企業が相手なので、人物評価も厳しくされます。ということで、コンペをして決まった、一番いい提案だったということで決まったことを仮定してお話します。

決まったら決まったで、あらかた話も聞いていて、それなりのボリューム感が分かるのですが、少しずつ基本設計をきちんとして、最終的にこの金額になるけれどいいですよねと決めなくてはいけません。

粗々で出しているので、そういう面ではフィット&ギャップがものすごく大事になります。合うところと合わないところと、当然ない機能は作らなくてはいということで、そういうところの洗い出しをします。その上で、基本設計書を出します。

うちの基本設計書でもたぶん3,4cmくらいの厚さがあると思いますが、そういうものを作って、お客様とクライアントといろいろレビューをしていって、これで良いですかと確認をします。

確認していって、ある程度固まると、細かいところを設計していきます。設計して、外部内部の設計をして、それがまたフィードバックして基本設計書もまた直すということもします。そういう設計作業は先ほど言ったように、ユーザーと一生懸命レビューをして、設計する作業を設計業務と言います。

お客様のところに行って、戻ってきて、また1週間かけて資料を作ってまた1週間後に行くとかを繰り返します。そういう作業を設計作業と言います。プログラムの仕様書の段階になると、あまりお客様と、うちの仕事としてはそんなにはやりませんが。

銀行などは電算室とやるので、プログラム仕様書にも結構色々なフィードバックがあります。うちはプログラム仕様書の段階になると、プロトタイプで見せているので、あらかたできてから見て、またああでもないこうでもないというやり方です。

ということで設計をしていって、開発ができるところからプログラムの開発、仕様書を作って開発をします。ここが優しいプログラムのほうが当然システムは沢山あるので、メインの難しいところはそう多くはないということで、若手の作業にここから入っていただきます

初めてプログラムを作るときは、そういうところからということです。開発作業をしてもらいます。一生懸命半年くらい開発作業をして、よし何月何日に導入しようということで、クライアントと決めるということで、シミュレーションをして何度かやって、全然問題なく成功すれば、何月何日と決めて、うちは土日を取ってやります。

月曜日から本稼働してもらうという形です。それまでに遊んで使ってくださいという期間はありますが、あまりトラブルなく私どもは移行しているつもりです。ということで、移行作業をして月曜日から本稼働に入れば、あとは保守、オペレーション指導をもう一度してとか、こんなことはよく分からないけれどもう一度説明に来てとか。

あとは電話の問い合わせで、「これおかしいと思う」「バグですね」と直したり、それを保守作業と言います。この一連の作業がだいたい確定して、では受注しました、お仕事としてやりましょうとだいたい1年くらいです。それくらい普通のものでもかかります。こんな感じで仕事をしていくという形です。

私どものエンジニアの成長の考え方というか、これしか仕方がないのですが、私どもは開発ができないと困ります、と言っています。大手のSIerやメーカーさんとかの開発部門に入って、開発が不得意だとなっても生きていけます。プロジェクトの運営がうまければ生きていけますが、私どもは開発ができないと生きていけません。そこだけはきちんと頭の中に書き留めておいてください。先ほどから言っていますが、私どもはプログラムの開発をしながら設計をお手伝いして、どんどんいろいろな知識を増やしていって、ということになります。


株式会社アークライン 会社概要

会社名 株式会社アークライン
業種 情報サービス業
本社所在地 東京都
業務内容 システム設計開発/コンサルティング/自社パッケージシステム販売
設立 1990年7月
資本金 5760万円
代表者 富井 和雄
売上高
事業所・関連会社 東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館3F
業績 2億3千万円(平成28年5月)
連絡先 株式会社アークライン
管理部 人事担当

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館3階
電話:03-3982-7065 mail:recruit@arkline.co.jp

【アクセス】
JR・地下鉄各線 池袋駅 西口より徒歩6分 C1出口より徒歩3分

【ホームページ】
http://www.arkline.co.jp/
平均年齢/平均勤続年数/平均給与