株式会社アークライン 会社説明会

アークライン説明会スライド開始分

業種:情報サービス業
設立:1990年7月 本社所在地:東京都

    説明会実施日:2019/8/10

この記事のスピーカー

富井 和雄

エンジニアの成長

それでシステムエンジニアという形の成長になるので、開発をまずしていただきます。研修も開発がメインです。設計も当然考え方とかも、研修の中で勉強します。開発をして設計すると、当然導入作業に携わることになります

Biz Partnerの話をすれば、保守作業に入ると、そんなに大変ではないので他の仕事もするのですが、当然何年もお客様とお付き合いするわけです。5,6年経つと新しいことをやりたいけれどとか、10年も経つと全部最新のものにしたいとか、いろいろなご相談が来ます。当然そうなると、業務としてはコンサルです。うちの中身を一番よく分かってるんだからやってくれるだろうという話になります。今もやっている仕事は、この中で、これも公共団体です。1997年か1998年、一番古い部類のユーザーですが、もう5回目です。今回は私もこの歳だから、次は設計とかに携われないと言って、10年使えるものに全部刷新してくださいと頼んで、大枚をはたいてもらったのですが。「これが最後」と言ったら、相手の部長さんは「私も最後だ」と言っていました(笑)。それはそうですね。あと10年使えばみんな引退しなくてはいけないような歳なので。

保守に長く携わったりお客さんと寄添って生きていくと、コンサルをしなくてはいけませんこれが最終目標かなと、うちは思っています。だから開発メインで腕を磨きますが、何ができないとか、これが不得意だとかはあってもしかたがありません。とにかくまず開発ができるようになってもらうことがスタートになります。

大きな会社に行くと、こんなものどうせやらないでしょと言って、一生やらずにすむエンジニアは沢山いますので。それはほとんどがそうです。私が知っている大手企業は、エンドユーザー向けのSEさんはほとんど開発なんてしたことはありません。できないので。

それと繋がった話で、私どもは開発するのにずっとデベロップメントスキルとか書いてあります。私が勝手に作ったグラフなので定かではありませんが。

総じて常識的に考えたら、5年、10年とうちは開発するので、開発スキルが上がります。ただし、マネジメントするスキルはどうだというと、そんな大きな仕事を若い時からやるわけがないので、当然マネジメントスキルはそんなに上がらないでしょうと書いています。

当然大手はSIerさんなんかは、変な言い方をすると、我々をコントロールする役割がありますので、人間力も発言力も高くて、行動力もあって…いろいろそういうところが高い人はどんどん行くので、5年も経つと相当でかい仕事をしています。

ただし、じゃあ開発はどうなんだというと、開発なんてしないので、切り盛りは上手ですが、逆にそういう方には、どんどん受注があるから、売れない人は私のところについてきなさいと言って、我々のような会社の腕をがっちり捕まえてやっているのが普通なので、それでどんどん仕事ができるということもあります。

あまり開発スキルは上がらない、という表現をしています。グラフ的には何ら根拠はありません。ということで、私どものエンジニアの成長は、開発のボリュームが多いと、また同じことばかり書いているので流します。

大手はプロジェクトリーダーとか、予算も踏まえてプロマネ業務・進捗管理をメインに、人員差配するリーダーとか、そういう仕事が当たり前に大きいです。

我々は開発をして、スキルが上がればそういうプロマネの下でというか、プロジェクトのリーダーの下で本当にリーダーをしていると言ったほうがいいかな、うちのベテランは。そういう感じになっています

結論を言うと、No Gap Technologyと書いていますが、開発をメインにして苦労してくださいと、プログラミングから一生懸命勉強して技術力を磨いて、その得た知識を実際に使いながら見よう見まねになってしまいますが、プロマネやプロジェクトリーダーの仕事を、指図されるので、当然こんなことするんだとすぐ分かってくるので、そういうことも身につけていきましょう。

最終的には、業務をよく一番分かっていて、お客様に寄り添える力があれば、コンサルタントは当然、コンサルティングを行わなければいけないということです。バランスの取れたエンジニアに育つのは当たり前なので、そう思ってください

ただし、100億のプロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーができるかというと、それは期待しないでください。うちでは無理だと思います。大手銀行は何千億円かかることもあるという話で、そもそも4社も5社も、6社だったかな?みんなJV(※)でやるので、大きな仕事は誰がリーダーという話ではありませんが、そういうものもあるということです。

※JV … ジョイントベンチャー。複数の異なる企業等が共同で事業を行う組織のこと。

バランスのいい技術者になってくださいということを言っています。


株式会社アークライン 会社概要

会社名 株式会社アークライン
業種 情報サービス業
本社所在地 東京都
業務内容 システム設計開発/コンサルティング/自社パッケージシステム販売
設立 1990年7月
資本金 5760万円
代表者 富井 和雄
売上高
事業所・関連会社 東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館3F
業績 2億3千万円(平成28年5月)
連絡先 株式会社アークライン
管理部 人事担当

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館3階
電話:03-3982-7065 mail:recruit@arkline.co.jp

【アクセス】
JR・地下鉄各線 池袋駅 西口より徒歩6分 C1出口より徒歩3分

【ホームページ】
http://www.arkline.co.jp/
平均年齢/平均勤続年数/平均給与