エム・ビー・エーインターナショナル株式会社 新卒会社説明会(20卒・21卒向け)

キャリア形成

急に話が戻りますが、キャリア形成について説明します。働くためには六つのステップがあるとよく言われます。たぶんみなさんキャリア教育を受けていると思うので、繰り返しになるかもしれませんが、この六つです。

キャリア形成6つのステップ

まず最初に自分を知りましょう、という自己理解だとよく言われます。自己理解をした上で、自分に合う仕事、もしくはやりたい仕事は何か、何職をやりたいかを決めるのが一番です。

これは学校の先生により違うかもしれませんが、僕の意見は、決める職種は一つではなく、できれば十個無理矢理考えてほしいです。たぶん四つくらいはすぐ出ます。それをもっと頑張って考え抜いて、できれば十職種やりたい職種をぜひ考えてほしいです。たぶん今くらいです、将来本気でこれこれをやりたいと考える時期は。なので、その時間を思いっきり使って、とにかくやりたいこと十職種をぜひ考えてほしいです。二番目、考えた十職種、一つでもいいです、一つでもやりたい職業が決まったら、その職業は具体的にどんな仕事なのかを徹底的に調べるのが二番です

且つ、それを実現できる場所、つまり会社を調べまくるというのが、同時で二番です。このとおりやると、100%就職が決まります。ですが、やはり辞めてしまうじゃないですか。辞めてしまう理由は、全部ここなんです。全部一番、二番に起因します。例えばなぜ辞めたか、「親があそこに行けと言ったから行ったのですが、全然面白くなかったので辞めました」というのはこれです。キャリコン的に、仕事理解不足と言います。そりゃそうですよね。

もう一つ、なぜ辞めたのか。「事務職は超簡単だと思ってやったのですが、めちゃめちゃ簡単じゃないし、忙しくて死ぬかと思って辞めました」というのは、仕事理解不足です。事務職はカンタン、らくちん、という勝手な思い付きで決めているというところです。

最後は簡単です。なぜ辞めたのか、「入ったところがブラックだったから」、これもまんま、仕事理解不足です。

全部あとから自分たちに跳ね返ります。なので、死ぬほど面倒くさいけどやるよ、というのがこの方針です。三番目はあとで説明します。四番目の、キャリア選択に関わる意思決定とは何かというと、一つは就職、もう一つは、もう一度学校へ行くということです。

最後はそういうのではなくて、自分で会社を興すところを選びましょうというやつです。それをそれぞれ実行するのが五番です。なので、みなさんは就職で選んでいるので、それを実行するだけです。

ポイントは、諦めないことです。つまり就職できるまで何十年かかろうが、絶対就職できるまで続けることです。諦めたら一秒で終了です。なので、まずは日本中の会社全部受けてみてください。全部落ちたら、どうしましょう。

参加学生:諦めないなので、いろいろ努力したり。

――就活を諦めないでほしいので、日本中の会社を全部受けた、全部落ちた、じゃあ次どうしよう?

参加学生:世界。

――そうだよね。世界どれくらいあるかな、分からないでしょう?それくらいアホみたいにたくさん会社があります。それをやるだけですごい長旅になるので、そんなことしなくても今は人材不足と言われているので、普通にポロっと決まると思います。とにかく諦めずにずっとやり続けることです。

だから100%決まると言ったんです。なぜならみなさんの中で、全世界の会社を受けて落ちた人は聞いたことありますか?ないでしょう。だから100%決まるんです。もしそれを達成したら、それはそれでギネス認定レベルです。

そんなことをしなくても、みんな普通にやっていれば受かるはずです。最後は、必ず仕事が決まったら、相手先の会社に自分をなじませるのが六番と言われています。飛ばした三番ですが、啓発的経験といいます。

啓発的経験

進路や職業の選択の意思決定の前に体験してみるステップ。つまりどういうことかというと、やりたい職種が決まりました、やってみたい会社がありました。その会社でやりたい職種を試しにやらせてもらうことです。

試しにやらせてもらうと、こんな仕事もさせられるんですか、とかいう仕事理解が促進されたり。「そんなの俺無理です」とか言ってやってみたら、めちゃくちゃできちゃうじゃん、という自己理解のフィードバックになると言われています。

それは何かというと、いわゆるインターンシップです。なので、最近のインターンと言っている理由は、このあたりにあります。ということで、うちのインターンのお話です。

インターンシップについて

うちのインターンシップは、まず朝掃除をするところから始まります。そのあとに、こういう不思議な踊りを踊ってみたり、ガチで筋トレをしてみたり、体操をします。そのあとに、ちょっとだけ頭を使う朝礼をします。そのあとに、みんなでこんな感じで気合を入れたあとに、絵を描きたい人は絵を描いたり、プログラムを作ってみたい人はプログラムを作ってもらいます。

インターンシップのスケジュール

大きく2種類の成果物を作ります。一つが記事と動画と、ゲームやアプリ、スタンプを作ったりしてもらいます。

まとめると、就活で使えるポートフォリオになるようなゲームとかを作りませんか?ということですが、一番目としては、業界でやったことがないと思うので、まず一度試しに働いてもらって、本当に将来プロとして活躍できるの?というところを確認してもらいますつまり啓発的経験を積んでもらいます。

そのあとに、確認するだけだと時間がもったいないので、何か見えるものを作るということで、一つが記事と動画を作って、うちのHP上にアップします。あとはゲームやスタンプを作ります。作ったものは基本的に見せびらかしてOKです。なので、他の会社さんに見せびらかしていい、つまり自分のポートフォリオとしてやってもかまいませんということです。

最終日には、気が付いたことを全部フィードバックするので、それをもって今後就活頑張ってね、という感じのインターンとなっています。概要としては、期間は2日~10日間の間で選べます。

インターンシップの内容インターンシップ概要

1年中実施しています。地方からの方は初日だけ本社でやって、あとはサテライトで参加というのもアリです。時間は平日の9時~6時、場所はここの隣の部屋です。費用は申し訳ありませんが全額自己負担です。

服装は今日の格好と、持ち物はスリッパくらいです。自分のPCとかを持ち込んでもらっても全然OKです。注意事項としては、参加をお断りする場合もあるかもしれないのと、応募方法はあとで説明します。

今日までに388人の学生さんが参加しました。過去4年くらいで、です。1日のスケジュールはこんな感じです。朝9時~10時までがなんとなく忙しいのですが、そのあとはずっと作ってもらうだけです。これを参加日数分繰り返すと思ってください。

最終日にはフィードバック面談をします。こんな感じで紙を書いて出します。学校経由でもしインターンを行うと、単位を取得できる学生さんの方は、学校で申請していただければ、それに合わせてうちは対応します。

フィードバック内容

あとは実績です。ゲームを作ったり、スタンプを作ったり、記事や動画はこんな感じです。うちのHPに大量にあるのは、インターンの方に作っていただいたものとなります。

インターンシップ実績例インターンシップ実績例インターンシップ実績例インターンシップ実績例

いろいろやってきました。あとは参加出身校も、九州以外はなんとなく参加してくれました。

参加学生出身校

募集要項

募集要項です。職種は総合職というネーミングにしていますが、具体的にはゲームエンジニア、ゲームを作る人です。求人票に書いてあるとおりです。システムエンジニア、IT系のエンジニアです。あとはインフラエンジニア、同じくIT系ですが、ネットワークの構築運用とかです。入社後適性判断し、試用期間後に配属します。今年度デザイナーさんの職種の募集はありませんので、ご留意ください。

募集職種:ゲームエンジニア募集職種:システムエンジニア募集職種:インフラエンジニア

 

雇用条件です。勤務地は途中で言ったとおりで、本社及び都内各所ということで、コロコロ変わります。変わる頻度は、基本的には、今地方にお住いの方は一度都内に引っ越してほしいのですが、引っ越した場所から通える範囲の現場を営業が頑張って探します。

雇用条件

引っ越しを伴うようなことは基本はないと思ってください。時間と休日は、現場によって変わる可能性がありますが、9時~6時となっています。あとは正社員雇用で、交通費、社会保険は完備しています。

採用までの流れ

採用までの流れがこんな感じです。今日の説明会で、このあとやりますが一次選考があって、インターンです。インターンが二次選考となって、そのあとが面接で、一回のみになります。OKな人が内定となり、研修、入社です。

採用までの流れ:選考フロー

だいたい3週間~1ヶ月くらいかなという感じです。応募の資格です。新卒、既卒の方だと思われるので、書いてあるとおりです。ポイントはインターンに必ず参加してね、というところです。

応募資格

面接のときに必要な資料です。それまでは何もいりません。インターンのときも何もいりません。面接することが決まったら、書いてあるとおりです。ポートフォリオというのは、インターンに参加すると必ず2個はできるはずなので、それをくっつけてくれればOKです。

応募時必要書類

ここまでで質問はありますか?

なければ、想定問答集を作っているので。今回採用のリクナビ、マイナビとかいろいろ使っている記事で、わざとゲームというキーワードを多用しています。なので、なんとなくそのキーワードに引っかかって来ている人たちが多いのかなと思って説明します。

最終的にはゲームプログラマーになりたいという人に対しての話です。先ほど話したように、ゲーム業界はど素人の人に対してすごく排他的です。なので、うちの会社に入ったからといっても、うちの会社は経験ありますが、もしみなさんが入ったときに、みなさん自身は全く経験がないじゃないですか。

なので、基本的にすぐゲームの仕事にならないと思ってください。ですが、一応パターンが二つあって、一つは先ほど言ったようなゲーム会社の簡単なテストの仕事や、お手伝い的な仕事を経験してもらって、そのあとに開発の仕事に着任するパターンです。

ゲームプログラマーへの道

もう一つが、入社してからIT系の簡単そうな仕事に着任してもらいます。そのあとに、IT系の開発の仕事をしてもらいます。ここで十分経験を積んだと同時に、これがやってみて楽しいとなったら、そのままずっとITの仕事としてプロフェッショナルを目指してもらいます。

ですが、ゲームやりたいとずっと言っている人は、申し訳ないけれど、ずっと自分でゲームを作ってください。ここは自由です。強制はしません。

なので、自分の休み時間を使って、ひたすら人に見せられるゲームを作ってください。でもこれがないと、絶対にゲーム屋さんには入れません。なので、ITの業務経験+自分で作っているゲームができたら、初めてうちの営業が本気で営業します。

そしてなんとかゲーム屋さんに入れてもらう方向で頑張るという流れになります。なので、ここは強制しません。あとは先ほども言ったように、一度業界に入るとそのあとはらくちんなので、だいたい同じような仕事や、また違う仕事に行ったりできます。

なので、最初はとにかくすごく大変です。みなさんが大変である以上に、会社も大変です。特に経験がない人は。なぜこんなに大変なのかという理由を説明します。これです。

ゲーム市場の規模

左の図は何かというと、最新が2016年なので少し古いのですが、一年間日本にある会社全てが売り上げた金額を足したのが、これです。それを業種別に割ってみました。全部で982兆円ありました。

そのうちの、情報通信業、いわゆるIT業界が94兆4000億円でした。同じ年のコンテンツ市場というのがありました。何かというと、映画ソフト、ビデオ、地上テレビ番組、衛星放送、ゲームソフト、ネットオリジナル、音楽、CD、ラジオ、新聞、漫画、雑誌、本、等々を全部足して、この値段、11兆円でした。

そのうち、ゲームは1兆3919億円でした。ちなみに昨年度は少し増えて、1兆6000億円だったらしいです。なので、ゲーム業界はしょぼいです。しかしこの業界は、キラキラ目立つんです。というか、目立たせてなんぼの業界なので、すごく目立ちます。

しかし、見て分かるとおり、ちっともお金になりません。みんな儲かっていません。儲かっていないから、ど素人を採用しても、教える時間がない、教えるお金がない。来てもらっても困るという感じです。

なので、例えば映画もそうだし、音楽も、みんなすごくスキルや才能を要求する業種、業界です。例えばアイドルになりたいと言われても、何か経験あるの?いや全くないですけど…という人を採用するわけないじゃんと。

映画や漫画もそうだよね。俳優になりたいですとか、漫画を描きたいですが全く描いたことないけどなれますか?って、「できるわけないじゃん」という業種業界が、コンテンツ市場です。

なのですごくテクニカルなわりには、売ってもたいして儲からないので、まったく未経験の人が入れる余力がないというのが、現状です。では充足しているかというと、真逆です。

常に人材不足です。できる人の人材不足です。だから、中途の人の奪い合いをずっとしているんです。且つ、そんなに大きくなっていないので、儲かってそうに見えるかもしれないけれど、まったく儲かっていません。

ここがクールジャパンとか言っていますが、ちっともクールではないところだったりしています。ちなみに他国はこのあたりにすごく国が投資をしているので、アメリカや隣の韓国もそうだし、中国も、今中国全部国が支援しているから、半端なく力を付けてきている状況です。だから、こういう構造的な理由だと思ってください。

1 2 3 4

エム・ビー・エーインターナショナル株式会社 会社概要

会社名 エム・ビー・エーインターナショナル株式会社
業種 情報サービス業
本社所在地 東京都
業務内容 1. コンピュータ・ソフトウェア開発販売
2. コンピュータ・ハードウェア開発販売
3. コンピュータ開発業務代行
4. コンピュータ開発に関するイベント業務
5. コンピュータ開発出版業務
6. ビデオ出版業務
7. コンピュータ・ソフトウェア教育業務 
8. 前各号に付帯する一切の業務
設立 1987年6月
資本金 5000万円
代表者 杉橋 光博
事業所・関連会社 【本社】
東京都世田谷区三宿1-8-19 MBAビル
業績 3億7400万円(2019年6月1日時点)
連絡先 エム・ビー・エーインターナショナル株式会社
〒154-0005
東京都世田谷区三宿1-8-19 MBAビル
採用担当 杉橋
TEL: 03-5433-9211
Email: recruit@mba-international.jp
平均年齢/平均勤続年数/平均給与 26.2歳(2019年6月1日時点)/3.7年(2019年6月1日時点)/-

エム・ビー・エーインターナショナル株式会社 採用情報

募集職種
仕事内容 ■総合職
(代表的な業務内容)
・ゲームエンジニア/ゲームソフト開発
・システムエンジニア/Webシステム開発
・ネットワークエンジニア/ネットワーク構築、運用
※希望や適性により、試用期間後に正式配属します
勤務地 東京都
勤務時間 9:00~18:00
※月平均残業時間:14時間51分(2018年度)
給与 大学院卒・大学卒・短大卒・高専卒・専門卒
月給21万8302円~
(固定残業代として、 4万8118円を含む/38時間分(普通残業時間)、超過分は別途支給)
諸手当 交通費支給、普通残業代超過分など
賞与 なし
昇給 年1回(9月) ※平均昇給率3.9%(2018年9月実績)
給与改定
社会保険 社会保険完備
福利厚生 健康保険・労災保険・雇用保険・厚生年金、企業年金制度、健康保険組合の各種福利厚生制度(テーマパーク、保養所、提携スポーツクラブ、スポーツ施設、旅行、ゴルフ場などの優待利用ほか)など
休日休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、夏期休暇(2日)、年末年始休暇(5日)、有給休暇など
※年間休日113日
試用期間 あり(入社後3か月) ※本採用時と労働条件の相違あり 試用期間中は職務手当(固定みなし残業代)は含まれません(基本給、残業手当、交通費支給)
採用人数 2020卒者予定 11~15名
初年度月収例 月21万円程度(月給制)
求める人物像 ■当社が求める人材とは、
・Enjoy Working/仕事を楽しむことができる人
・Positive Action/プラス思考で物事を考え行動できる人
・Good Style/見た目も中身も格好がよくなりたい人
※営業職、事務職、ゲームプランナー職、デザイナー職は募集していません。

■選考前に、説明会とインターンシップ(2日~10日間)へ参加してください。
※遠距離の方はご相談ください

■既卒者応募可能です。
選考スケジュール 各就職ナビよりエントリー
 ▼
会社説明会
 ▼
インターン参加(2日~10日間)
 ▼
面接(1回)
 ▼
内定