株式会社アルプス物流 新卒会社説明会(21卒向け)

会社概要

ここからは会社の概要的なことについて少しお話をしていきます。

アルプス物流会社概要

1つ、会社のプロフィールと書かせてもらいました。ポイントになるところだけお伝えします。設立が1964年ということで、創業から50年以上経過している、比較的歴史のある会社です。

他にも、株式東証二部上場、本社は横浜の、今日来てもらっているこちらです。従業員は、海外の現地スタッフも含めると5700名を超えるような数字になります。アルプス物流の単独の正社員の数は、869名です。

会社概要詳細

あとみなさんに伝えておくところは、国内の関係会社に株式会社流通サービスと書いてありますが、こちらはアルプス物流の子会社に当たります。最初にアルプス物流はBtoBだと伝えましたが、この流通サービスはBtoCの動きをしています

何かというと、生協やCO-OP、みなさん分かるかもしれませんが、その商品をご自宅に届ける個配サービスの一端を担っているので、そんなところで、グループ全体ではBtoCもあるということです。

あと覚えておいてほしいことは、主要株主にアルプスアルパインという会社が入っています。この会社は電子部品のメーカーや、カーナビ、カーオーディオに携わっているメーカーです。アルプス物流はアルプスアルパインと同じ、アルプスグル-プの一員です。

分かりやすく言うと、アルプスアルパインの物流子会社という言い方が分かりやすいのですが、一概にそうとは言えないところもあるので、それはこのあとまた説明を入れていきます。

アルプス物流の歩み

今からアルプス物流の歩みということで、創業から50年以上経っている会社なので、創業からどんなことがあったのかを簡単にVTRでまとめたものがあるので、ご覧いただきたいと思います。

(ここでVTRが放映。本記事では割愛いたします)

ありがとうございました。今見てもらって、この50数年でどんなことがあったのかも、少し理解してもらえたかと思います。こちらは売上高を棒グラフで表したものです。

売上高推移

見てもらえば分かるように、基本的に右肩上がりになっています。2009、2010年あたりはリーマンショックの影響で少し落ち込みもありましたが、そのあとすぐに回復して、他社と比べて安定しているというところも読み取れるのではないかと思います。

こちらは売上高構成比と書いてありますが、ごめんなさい薄くなって見にくいのですが、見ていただきたいのが、右下に35%という数字が入っています。これはどういうことかというと、アルプスアルパイングループ売り上げと書いてあります。

売上高構成比推移

アルプス物流の売り上げ全体を100%としたときに、そのうちの35%が、先ほど言ったグループ会社である、アルプスアルパインの売り上げだということがこれでは分かります。先ほど物流子会社といいにくい部分があると言いましたが、それはまさにこの部分で、世の中に物流子会社と言われるところが他にもいろいろあるのですが、だいたいそういうところは、売上高の8~9割くらいをグループ会社に依存している部分があります。

そこが我々は35%ということで、非常に数値としては低いということです。メリット、デメリット、いろいろあると思いますが、私はそこは非常にメリットだと思っています。もしグループの製品が全く売れなくなってきたときに、売上高の8,9割がそこに依存していたら、共倒れしてしまう可能性があります。

そうではなくて、我々一般の外販と言われるところも非常に多く扱っているので、そんなところでリスクヘッジが取れていると思ってください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

株式会社アルプス物流 会社概要

会社名 株式会社アルプス物流
業種 道路貨物運送業, 倉庫業, 運輸に附帯するサービス業
本社所在地 神奈川県
業務内容 貨物自動車運送事業
貨物運送取扱事業
倉庫業
不動産の賃貸業
包装材料の製造販売業
梱包業
輸出入貨物取扱事業
通関業
利用航空運送事業
航空運送代理店業
合成樹脂材料の製造および販売業
電子デバイス販売業
医薬部外品製造業(包装・表示・保管)
医療機器製造業(包装・表示・保管)
労働者派遣事業
金属回収業
産業廃棄物の収集・運搬・処分事業
設立 1964年7月2日
資本金 23億4,904万円
代表者 臼居 賢
事業所・関連会社 ■事業所
本社/横浜市港北区新羽町
【国内】
本社(神奈川県横浜市)
北上、秋田、庄内、古川、仙台、相馬、小名浜、郡山、新潟、金沢、加須、高崎、松戸、成田、輸出入センター、大井、横浜、長野、静岡、名古屋、瀬戸、大阪、福岡

【海外】
中国(大連、天津、煙台、上海、無錫、蘇州、杭州、太倉、重慶、寧波、厦門、広州、深セン、東莞、香港) 、韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、ベトナム、アメリカ、メキシコ、ドイツ、フィリピン

■関連会社
アルプス電気(株)、アルパイン(株)、アルプス物流ファシリティーズ(株)、(株)流通サービス、アルプス・トラベル・サービス(株)、アルプスシステムインテグレーション(株)、アルプスファイナンスサービス(株)
業績 ■売上高
【単独】 511億8,800万円(2018年3月期)
【連結】 1,049億7,200万円(2018年3月期)

■経常利益
47億200万円(2018年3月期:連結)

■売上構成 (2018年3月期:連結)
電子部品物流事業/516億1,400万円
消費物流事業/245億9,100万円
商品販売事業/287億6,600万円
連絡先 〒223-0057
神奈川県横浜市港北区新羽町1756
人事総務部 人材開発課 採用担当
TEL   : 045-543-2648(人材開発課 直通)

交通機関:JR東海道新幹線 新横浜駅乗換え
      横浜市営地下鉄 新羽駅下車 徒歩5分
平均年齢/平均勤続年数/平均給与 平均年齢/39歳5カ月

株式会社アルプス物流 採用情報

募集職種
仕事内容 総合物流事業を手がける当社にはさまざまな仕事があります。

  保管業務
    ・モノが倉庫に入ってきてから出て行くまでの一貫管理
    ・倉庫のレイアウトや作業工程を改善し、よりスムーズ
     なモノの流れを作りだして在庫精度を向上させ、コス
     トダウンにつなげる
    ・お客様対応
    ・従業員の教育、マネジメント など

  輸出入貨物取扱業務
    ・海外のお客様とのやりとり
    ・輸出貨物の書類(InvoiceやB/L)の作成
    ・通関業務
    ・海外貨物の国内配送手配 など

  輸送業務
    ・お客様指定の場所・時間にジャストインタイム納入
    ・効率的な配送ルートの考案 など

  情報システム
    ・新しいお客様の物流システムのプログラミング
    ・既存プログラムのカスタマイズ
    ・システム改善
    ・システムトラブル対応 など

  営業
    ・新規/既存のお客様への物流提案
    ・見積書の作成
    ・売上の管理
    ・お客様からの課題の解決と各現場へのフィードバック など

  管理部門
    ・総務・人事・経理・財務・広報・法務 など

上記は一例で、他にも物流に関するさまざまなお仕事があります。
その中で、いろんなことにチャレンジして実力をつけ、最終的には‘総合物流パーソン’になっていただきたいと思っています。あなたのスキルアップを積極的にサポートします!
勤務地 岩手県, 宮城県, 秋田県, 山形県, 福島県, 茨城県, 群馬県, 埼玉県, 千葉県, 東京都, 神奈川県, 新潟県, 石川県, 長野県, 静岡県, 愛知県, 大阪府, 兵庫県, 広島県, 福岡県, 海外
勤務時間 実働 7時間55分
(一部の職場ではフレックスタイム制適用:コアタイム10:00~15:00)
給与 2018年4月 基本給(月給)
大学卒   213,400円
大学院卒  226,600円
諸手当 超過勤務手当、通勤交通費(当社規定による)、次世代育成手当
賞与 年2回(6月、12月)
昇給 年1回(4月)
給与改定
社会保険 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
福利厚生 社宅・独身寮、退職金・退職年金制度、融資制度、持家援助、財形貯蓄(利子補給付)、持株会、労災保険上積制度、団体・グループ保険、資格取得奨励金制度 など
休日休暇 年間休日 121日(2017年度)
完全週休2日制(土曜・日曜)、祝日、年末年始、夏季休暇、年次有給休暇、慶弔・特別休暇
試用期間 あり(入社後6カ月間) ※試用期間中は研修を実施。待遇は本採用時と変更なし。
採用人数 今年度予定 21~25名 昨年度実績(見込) 21~25名
初年度月収例 月20万円程度(月給制)
求める人物像 人物本位で、積極性のある方、行動力のある方を採用していきます。
「自ら考え、自ら判断し、自ら行動する」これがキーワードです。
そしてやはり「物流がやりたい!」という方。
学校・学部・学科にはこだわらず人物重視の選考で採用しています。
面接の際には、皆さんが必ず持っている「自分の‘武器’」について
お話をお聞かせください!
選考スケジュール 2021は詳細決定し次第広報いたします